_J5A0058.jpg
 

©Satoshi Asakawa

時を紡ぐ路地

───

池之端は路地の文化が根ざしています。この歴史を残し、未来につなげる。花園アレイは一部のブロック塀を撤去することで建物の前の敷地を路地とすることとしました。

 
 
_J5A0023.jpg
_J5A0003.jpg